ノーローンの1日当りの手数料を計算するにはどうすれば良いか

オリックスやノーローンなどで利用する人々としては、1日あたりの数字が気になる場合があります。果たしてどれ位の手数料になるか、気になるケースもあるでしょう。延滞などが発生した時には、短期的な手数料が気になるケースも、大変多いです。一般的に賃金業者の手数料は、年間表記になっています。年利18%という表記の手数料は、かなり多い訳です。ノーローンも例外ではありません。

それで1年間あたりの手数料というよりも、日額を知りたいと思う場合があります。つまり年間手数料が3,650円なら、日額10円などの情報を知りたいと思う事もあります。計算式などは、ノーローンの公式サイトに掲載されています。上記でも少し触れたように、年間額を365で割れば、1日あたりの数字は算出可能です。

ただし時には、計算がややこしく感じ得られる事もあるでしょう。そういう時には、ノーローンの番号に電話してみる事により、明確な回答は得られます。日額を知りたい時は、とりあえずコールセンターhttp://www.wizards-magic.net/に電話すると良いでしょう。計算方法も親切に教えてくれます。

 

女性のバイク進出や海外でのバイク問題について

バイクを乗っている姿を思い浮かべてくださいといわれて想像するときにバイクに乗っている姿は男性の方を思い浮かべることが多いのがひと昔前だったと思います。しかし女性が様々な社会進出している今バイクを趣味にもつ女性の方は増えてきていると思います。主婦の方でもバイクに興味を持ってバイクを購入するためにパートで収入を稼ぎそれを足しにしてバイクを手に入れている人もいるぐらいです。

現金がすぐにできない場合にはバイクローンにも力を借りるといいかと思います。日本は道路や交通の面でもしっかりしているので車はもちろんバイクは走りやすく安全だと思います。しかし海外については道路が舗装されいているのが先進国に限られてくると思います。

海外では道路がほそうされていることはあまりありませんのでバイクのコースについてもけしてよい道ではないと思います。こうした社会問題はありますがバイクに愛情をかける人々の心は一緒だと思います。

 

ファクタリングを覚えておくといい

売掛金で取引きをしていると、すぐにでも現金が必要ということがあるかもしれません。そんなときには取引き先の会社に現金で払ってもらえないかという交渉をすることができますが、それでも現金で払ってもらうことが難しいことがあります。現金で払ってもらえないのなら銀行で融資を受けることも考えてもいいかもしれませんが、利息が発生することを考えると銀行の融資はちょっと考えます。

そこで登場するのがファクタリング会社になります。ファクタリング会社ならすぐにでも現金が必要というときに容易に現金に変えてくれます。コストを考えても、ファクタリング会社と取引きをする方が銀行の融資を受けるよりもいいことがあります。

現金が必要というときには色々な方法で現金を手にすることができますが、ファクタリング会社を使うことも方法としてはありますので、会社を経営している人は覚えておいたらいいでしょう。また、経営者ではなく財務部門の担当者も覚えておくといいでしょう。